新着記事

季節のテーブルコーディネート Vol.8 「Atelier Belle Table 米持祐子先生 × マイフラ 」
2020/07/08 00:00
こちらの記事は、Atelier Belle Table主宰・米持祐子先生による、MAGIQを使った季節のテーブルコーディネートを全12回にわたりご提案頂く特別連載です。
ガラスの器でおうちレストランメイン画像

Vol.8
ガラスの器でおうちレストラン

テーブルコーディネートを楽しむためにあると便利な食器は、白・黒(濃い色)・ガラスの3つのお皿です。 今回はその中からガラスを使ったコーディネートをご紹介します。 目にも涼やかなガラス皿は夏にピッタリ。 キラキラ感から海のきらめきを感じ、珊瑚色のテーブルを作りました。 縁に入ったシルバーとゴールドの模様が印象的なガラス皿はお料理を華やかに見せてくれ、 おうちレストランが楽しめます。 ガラスの器でおうちレストラン洋風 左)冷たいコーンスープにカナッペを添えて。幅の広いリム(縁の部分)のお皿は今のトレンドです。 右)牛肉のステーキも中心をずらして盛るとレストランのよう。 同じガラスの深皿でも、中央のくぼみが広いタイプはさらに活用の幅が広がります。 前菜やスープはもちろん、パスタやメイン、デザートまで、美しく盛ることができますよ。 ガラス皿は和のコーディネートにも! 同じ食器ですが、お花やクロスによって雰囲気がぐっと変わりますね。 そうめんやお刺身といったいつものお料理が、器のお陰でランクアップしました。 ガラスの器でおうちレストラン和風 クリスマスやお正月などにも使えますので、ぜひ季節を問わず、ガラス皿をご活用下さいね。

Profile

米持先生プロフィール 米持 祐子 Yuko Yonemochi
フランス料理とテーブルコーディネートの教室「Atelier Belle Table」主宰。 ル・コルドン・ブルー パリ本校を卒業後、三ツ星レストランにて研修。身近な食材を使った、簡単でおしゃれなメニューの提案が好評を博している。
アトリエ・ベル・ターブルロゴ

この記事で使用している商品はコチラ

記事に登場している食器全商品はコチラ ➤「ミヤザキ食器のガラス皿」全商品を見る