新着記事

日本のうつわを楽しもう。信楽焼特集
2020/03/11 00:00
信楽焼メイン画像

日本の伝統技術を、花器で味わう。

日本六古窯(にほんろっこよう)のひとつに数えられる信楽焼。 信楽特有の良質な陶土の味わいを活かした優しい風合いと、 炎の織りなす暖かみのある火色を生み出す伝統技術、 職人たちの知恵に支えられ、今なお多くの人々に愛されています。
信楽焼産地の地図
三重県との県境にほど近い滋賀県甲賀郡を中心として作られる信楽焼。古くから土の質が良いことで名高く、その歴史は鎌倉時代まで遡ります。 日本人特有の美意識「わび・さび」を表現するあたたかみのある風合いが特徴とされ、現在は食器や花器のほかあらゆる陶器が作られています。 今回はマイフラでお取り扱いしている信楽焼の花器を特集。ぜひご覧ください!

「色」を楽しむ

サブ画像
吸い込まれそうな瑠璃色は東京堂オリジナルカラー。 トレンドでもある「宇宙から見た地球を思わせる美しい青」のグラデーションに 表面には艶やかな仕上げを。 硬質に見えがちな青色に表情を与え、花材を生き生きと見せてくれます。
サブ画像
波打つ水面のようにうねりのあるフォルムが特徴的な水盤。 直線的なシルエットのアーティフィシャルフラワーと合わせれば フォルムの対比におもしろみのあるアレンジに。 内側には水の波紋を思わせる同心円状の柄が施され、どの角度から眺めても余韻を残す佇まいです。
サブ画像
ボリューミーなアレンジが映える壺型。 高さのある枝ものもしっかり受け止める口径は7cmほど。洋風アレンジにも使用でき、和洋折衷アレンジを品よく仕上げます。
絶妙な色の濃淡や小さな”手”がアクセント。 どっしりとした存在感はインテリアとして置いておくだけでも絵になります。
信楽焼詳細画像

「景色」を楽しむ

信楽焼水盤画像
炎や灰による不測の変化。「景色」と呼ばれる窯の中で自然に生じた色や模様が、信楽焼最大の魅力である味わい深さを生み出します。
信楽焼詳細画像
荒々しさと素朴さが同居する独特の風合いは花材とのコントラストを生み、アレンジを雅にまとめあげてくれます。
スッキリとしたフォルムがお好みの方はこちら。正統派の表情をもちつつ、ご家庭にも馴染みやすいシンプルさは「まずはひとつ取り入れてみたい」という方におすすめです。
角型詳細画像

大型花器

店舗やホールのディスプレイ、広い空間に映える大型のご用意も。ダイナミックな生け込みにさらに説得力をもたせます。
大型画像 なだらかな曲線と土の質感が見て取れる表面の素朴な仕上げ、やわらかな象牙色。古来より日本人の間で親しまれている縞模様を施し、65cm超という迫力のサイズに反して視覚的な印象はとても軽やかです。
洋室にも違和感なく溶け込む使い勝手の良さも見どころ。どこか粋な雰囲気も感じさせる鼓型と2型のお作りです。
大型詳細画像
大型画像 信楽焼の醍醐味である「窯変」を楽しみたい方はこちらを。60cm以下のサイズ感ならご家庭のインテリアとしても。
信楽焼詳細画像
ディスプレイなら花材をめいっぱい使ったアレンジを。花のボリュームに負けない確かな存在感が唯一無二の風景を演出します。
長い歴史と確かな技術に裏付けられた信楽焼の、朴訥さの中に垣間見える力強さ。 自然と背筋が伸びるようなその空気感からは、「わび・さび」という美意識を育んだ先人たちの息遣いが聞こえてくるようです。

この記事の商品のご購入はこちら