新着記事

タグ

【今月のちょこテク】Vol.9 イメージをカタチに。アーティフィシャルフラワーの「花合わせ」実践編!
2021/05/01 00:00

【今月のちょこテク】 Vol.9

生花とは違い、花首を好きな向きに傾けたり、茎を自由に曲げたりすることができるアーティフィシャルフラワー。 自由度が高いからこそ、初めて触る方はその扱いに戸惑ってしまいますよね。 そこで! ちょこっとのテクニックで季節ごとのアーティフィシャルフラワーを上手に飾れるようになる連載、 【今月のちょこテク】。 どなたでもすぐにマネできる、アーティフィシャルフラワーがきれいに見える飾り方のコツをプロが伝授いたします!

第9弾のテーマは「色・形を意識した花合わせ」

布やプラスチック、発泡スチロールなど、さまざまな素材感のものがあるアーティフィシャルフラワー。 飾るのは手軽。でも生花のように透明感がないぶん、実は花合わせが生花よりも難しいんです。 うまく組み合わせるためにはどんなポイントがあるのでしょうか?詳しく解説していきます!

イメージを固め、テイストを統一する

まずはテイストを統一させましょう。ナチュラルにしたいのか、エレガントにしたいのか、モダンにしたいのか…等々、雰囲気によって花材のテイストは変わってくるので、事前にアレンジのイメージをしっかりと固めておくことが大切です。 アーティフィシャルフラワーのテイストにはいくつか種類がありますが、複数のテイストは混ぜないようにします。 今回は、フレッシュで瑞々しいイメージなので、ドライ風の加工がされたものや、くすんだ色合いのものなどは混ぜません。

【完成イメージ】 アーティフィシャルフラワー(造花)をきれいに飾るコツ アレンジメント完成

ポイントは「グラデーション」と「バリエーション」

今回のアレンジは一見、とてもシンプル。 白とグリーンで揃えればOKだよね、とあまり深く考えずに花材を選びたくなってしまうところですが、ちょっと待って! シンプルな時ほど、色・サイズをしっかりと意識することが大切です。 色合わせは「グラデーション」 今回は白グリーンのワントーンの色合いなので、段階的に色の明るさを変えて、白~グリーンのグラデーションになるようにしています。 またグリーンは、すずらん→クリスマスローズ→ワイルドローズ→アジアンタムの順で色味が濃くなっています。 使用のワイルドローズのように、グラデーションがついた花材ならさらに色の幅が増え、フレッシュ感が出るのでおすすめです。

アーティフィシャルフラワー(造花)をきれいに飾るコツ 花材

形と大きさは「バリエーション」 ひらひらしたクリスマスローズは顔が大きくアイキャッチに、 すずらんはつぶ状で繊細さを出してくれるだけでなく、ライン状なのでアレンジメントの流れを作ってくれます。 立体感のあるスプレー状のワイルドローズは、クリスマスローズとすずらんの中間のサイズで2つのお花のつなぎになり、全体のボリュームを出してくれます。 アジアンタムの細かい葉も、すずらんの面の広い葉とコントラストを出します。

アーティフィシャルフラワー(造花)をきれいに飾るコツ 

今回の「グラデーション」と「バリエーション」で大きなポイントとなっているのは、絶妙なカラーのワイルドローズの存在。 こちらを色・サイズ共にクリスマスローズに近いものに差し替えてみると…。

アーティフィシャルフラワー(造花)をきれいに飾るコツ 例 アーティフィシャルフラワー(造花)をきれいに飾るコツ 悪い例

いかがでしょうか。 色と形が似ているもの同士だとお互いが引き立たず、なんとなく全体がぼやけている印象に見えますね。 自分で1からアーティフィシャルフラワーを選ぶのも、アレンジメントを作る際の楽しみのひとつ。 基本を抑えて花材をチョイスできるようになると、デザインの幅が広がります。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

アーティフィシャルフラワーの作りについて さらに詳しくはコチラ アーティフィシャルフラワーとは?- 1からわかる基本と魅力 -

この記事のセットや商品のご購入はこちら

アーティフィシャルフラワーのテイストの違い

①美しい生花の魅力をリアルに再現したリアリスティックな花

植生を意識した上で、つぼみから美しく開いた花まで生花の持つフレッシュ感にこだわりをもって再現した花。 花弁・がく・茎・枝・葉・実…など、花のあらゆる要素のバランスに細かく注意を払うと同時に、デザインを施しやすいスタイルに整えています。

アーティフィシャルフラワー(造花)のクオリティ アーティフィシャルフラワー(造花)のクオリティ

②生花の魅力をアートに創造したアーティスティックな花

トレンド性の強い色味重視の花や、ファッション性の高い素材感重視の花。 またグリッターやビーズなどでデコレーションするなど、アーティフィシャルフラワーならではの「花の魅力」を、さまざまな素材や加工方法を駆使して表現しています。

アーティフィシャルフラワー(造花)のクオリティ アーティフィシャルフラワー(造花)のクオリティ
"ちょこテク"一覧はコチラから♪ ちょこテク目次ページバナー