新着記事

タグ

【今月のちょこデコ】プロのアレンジで即完成!白が際立つ大人インダストリアル
2022/04/05 00:00
インテリアと楽しむアーティフィシャルフラワー(造花)の飾りかた

お花でお部屋をデコレーション!新連載【今月のちょこデコ】

おしゃれなお部屋に必ずと言っていいほど取り入れられている、お花やグリーン。 色や種類にとらわれず、自由に飾るのももちろん素敵ですが、 時にはインテリアのテイストに合わせて花器やお花を選べたら…よりお部屋がセンスアップする気がしませんか? 新連載「今月のちょこデコ」では、この数年の定番人気といえる「インダストリアル」「北欧風ナチュラル」「シャビー・シック」の3つのインテリアスタイルについてお伝えするとともに、 それぞれの世界観を手軽に演出するお花の選びかた・飾りかたをご提案。 模様替えの参考に、新生活のスタートに。 ほんの小さなスペースから、あなたのお部屋をちょこっとデコレーションしてみませんか?

第4弾のテーマは 「プロのアレンジで即完成!白が際立つ大人インダストリアル」

無機的でクールな雰囲気が魅力のインダストリアルスタイル。 雑貨や壁紙でそれっぽい空間を作ってはみたものの、合うお花がわからない…と、頭を抱えて諦めてしまう方もいるかもしれません。 「それでも、スタイルを意識したお花をカッコよく飾ってみたい!」 そんなあなたには、箱から出したらすぐに飾れる完成品のフラワーアレンジメントはいかがでしょうか。 ≫インダストリアルスタイルとは?さらに詳しくはコチラ

インテリアと楽しむアーティフィシャルフラワー(造花)の飾りかた

使用したのは、フラワーアレンジメント「ジョインネイティブフレーム」。 大地を思わせるコルクシートの質感、アースカラーのラベンダーやユーカリの実といった野趣溢れる背景に、アンスリウムをメインに据えたアレンジです。 独特な花形のアンスリウムは、そのままでも絵になるだけに、色や飾りかたによってはかなり個性的な空間になることも。 そこで、まずは色で引き算を。 抜け感のあるホワイトなら、アンスリウムの個性にどこか上品さも加わり、程よく肩の力の抜けた大人っぽい印象に。

インテリアと楽しむアーティフィシャルフラワー(造花)の飾りかた

置くだけでなく、壁掛けも楽しめるので、棚などが置けない玄関にもおすすめ。 逆に少しスペースがとれる場合、傍らに他のアレンジを添えても素敵です。 今回は、アンスリウムの色に合わせたオールホワイトのアレンジを、シンプルにシリンダーに投げ入れて飾ってみました。 爽やかなコーディネートがスタイルの中で浮かないポイントは、ワイルドフラワーのプロテア。 プロテア特有の造形がスパイスとなり、アンスリウムのアレンジと統一感が生まれます。 全体的にナチュラルで、インテリアへの馴染みやすさがありながら、ほのかにエッジも効いている。 絶妙なバランスで、洗練された大人の空間を演出してくれる「ジョインネイティブフレーム」。 インダストリアルスタイルのクールな世界観を楽しみつつ、でもやりすぎ感は出したくない…。 そんな方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

シリーズ紹介

今回、メインで使用した「ジョインネイティブフレーム」。サイズ違いのアレンジは、ワイルドフラワーの王様・プロテアをミックスしたさらに奇抜なデザイン! アレンジの傍らに添えたアイボリーカラーのMAGIQ「Blanca」シリーズは、クールにもナチュラルにも馴染む万能アイテム。

ジョインフレームシリーズ 人気のプロテアとアンスリウムを収めた大胆なアレンジ。フレームは、タテの長さ50cm弱と存在感抜群です。 花材は個性が強めながら、トーンを落としたシックな色味なので、落ち着きのある大人なインテリアとして楽しめます。
インテリアと楽しむアーティフィシャルフラワー(造花)の飾りかた
インテリアと楽しむアーティフィシャルフラワー(造花)の飾りかた
Blancaシリーズ 空間をやわらかく彩り、居心地よく演出する「Blanca(ブランカ)」。 インテリアの主役にはもちろん、今回のようにメインのアレンジに添えるかたちで飾るのもおすすめです。 カラーをワントーンに統一すると、空間がグッとセンスアップします。

この記事の商品のご購入はこちら


花器とお花のバランスやカットの仕方など アーティフィシャルフラワーを楽しむ”ちょこっと”テクニックをご紹介! ちょこテク目次ページバナー