新着記事

タグ

【今月のちょこデコ】エレガンス×ノスタルジー シャビ―・シックは花器から作れる!
2022/03/04 00:00
インテリアと楽しむアーティフィシャルフラワー(造花)の飾りかた

お花でお部屋をデコレーション!新連載【今月のちょこデコ】

おしゃれなお部屋に必ずと言っていいほど取り入れられている、お花やグリーン。 色や種類にとらわれず、自由に飾るのももちろん素敵ですが、 時にはインテリアのテイストに合わせて花器やお花を選べたら…よりお部屋がセンスアップする気がしませんか? 新連載「今月のちょこデコ」では、この数年の定番人気といえる「インダストリアル」「北欧風ナチュラル」「シャビー・シック」の3つのインテリアスタイルについてお伝えするとともに、 それぞれの世界観を手軽に演出するお花の選びかた・飾りかたをご提案。 模様替えの参考に、新生活のスタートに。 ほんの小さなスペースから、あなたのお部屋をちょこっとデコレーションしてみませんか?

第3弾のテーマは
「エレガンス×ノスタルジー シャビ―・シックは花器から作れる!」

●シャビーシックとは? シャビー・シックは、英語のshabby(古めかしい)とフランス語のchic(上品な・粋な)からなる造語。 使い込まれた古いものにエレガンスをプラスした、フランス流の洗練されたインテリアスタイルです。 「シャビ―」の表現に欠かせないのは、経年劣化した天然素材の家具や雑貨。 実際に古いものではなくても、アンティーク風の雑貨や、風合いある加工を施したアイテムを取り入れれば、手軽に雰囲気を出すことができます。 「シック」を構成する要素は「美しさ」。 代表的なアイテムがお花ですが、その選びかたにもポイントがあります。 古きよきものとの調和が肝であるシャビー・シックスタイルのカラーパレットは、ホワイトやグレーをベースに、淡いピンクやイエロー、ブルーなどの優しい色。 カラフルというよりも、パステルカラーやドライフラワーのようなくすんだトーンのお花がマッチします。 今回のテーマは「ダイニング」。 テーブル、椅子、テーブルの上の小物など全体を無彩色でまとめ、パステルカラーのスイートピーを差し色にしました。 フリルのようなスイートピーが浮かび上がる、グレイッシュな世界観。 古いものは一つも使っていないのに、なぜかどこか懐かしい感じがしませんか?

インテリアと楽しむアーティフィシャルフラワー(造花)の飾りかた

可憐さの中に垣間見えるノスタルジー。 そのポイントは、合わせた花器の表情にありました。 射し込む光をやわらかく反射するなだらかな曲線と、とろみのあるグレーがかったガラスの質感。 向こうの景色がゆらいで見える模様は、昔ながらの建具に見られる「波ガラス」を思い起こさせ、 懐かしさを醸し出すのに一役買っています。

インテリアと楽しむアーティフィシャルフラワー(造花)の飾りかた

空間を優美に演出する、「SEVA ミレナガラス」のクラシカルなデザイン。 モノトーンの風景にどっしりと佇む姿は、多くの物語を見届けてきたような存在感があります。 エレガントな要素を大人っぽく引き立たせ、洗練された落ち着きを生み出す、グレーという色。 シャビー・シックなインテリアの代表色ともいえ、多くの場合、壁紙やソファなどで取り入れられます。 けれどひとまず大がかりでなく、あくまで手軽に。 花器はお花を引き立てるだけでなく、実は空間の印象も左右します。 「花器もインテリアの一部」という認識で、カラーパレットを意識して選んでみると、目指すスタイルの空気感に近づけることができますよ。 シャビ―の主役に花器を据え、エレガンスはお花で演出。 ハードルを高く設定せず、小さな風景の一部を切り取るように、その独特な世界観を楽しんでみてください。

この記事の商品のご購入はこちら


花器とお花のバランスやカットの仕方など アーティフィシャルフラワーを楽しむ”ちょこっと”テクニックをご紹介! ちょこテク目次ページバナー